6月24日(月)14時開演の『JUNG YONG HWA : FILM CONCERT 2015-2018 “Feel the Voice”』 TOHOシネマズ 甲府にご来場の皆様へ

6月24日(月)14時開演の『JUNG YONG HWA : FILM CONCERT 2015-2018 “Feel the Voice”』TOHOシネマズ 甲府におきまして、山梨県で発生した大規模停電により、発生以降の上映が中止となりました。

つきましては、TOHOシネマズ 甲府 14時回にてご鑑賞いただいておりましたお客様にはチケットの払戻し対応をさせていただきます。
以下に詳細を記載致しますので、ご確認下さい。現在お持ちのチケットは、払い戻しの際に必要となりますので、必ずお手元にお持ち下さい。
なお、再上映の予定はございませんので、何卒、ご了承下さい。

さらにチケット額面に加え、ご購入時に発生しました、所定の手数料を払戻し致します。お手数をおかけし申し訳ございませんが、ご確認の上、払戻しのご対応をいただけますよう何卒ご理解、ご了承のほど、よろしくお願い申し上げます。

【払い戻し対象】
●6月24日(月)14時開演の『JUNG YONG HWA : FILM CONCERT 2015-2018 “Feel the Voice”』TOHOシネマズ 甲府のチケットをお持ちの方が払い戻し対象となります。

【払い戻し金額について】
券面記載金額の全額及び一部手数料(ご利用に付随して発生した諸費用は払い戻し致しかねます。)
※払い戻し対象は、チケット代金/システム利用料/発券手数料/特別販売利用料となります。
※決済手数料は払い戻し対象とはなりませんのでご了承下さい。

【払い戻し期間・払い戻し方法について】
◆映画館でご購入されたお客様◆
映画館にお問い合わせ下さい

◆チケットぴあで購入されたお客様◆
払戻し方法の詳細:http://t.pia.jp/guide/refund.html
【受付期間】2019年6月26日(水)10:00 ~ 2019年7月9日(火)23:59
払戻し方法:ご購入された方法に合わせて、下記ご参照の上、お手続き下さい

【チケットを店舗で発券済のお客様】
店舗で発券されたチケットには、券面下側にお買い求め頂いた店舗名が記載されています。
発券した店舗(ファミリーマート、セブン-イレブン、チケットぴあ店舗)で払戻しを致しますので、払戻期間内に発券した各店舗に、チケットをご持参の上、ご来店下さい。
※ファミリーマートでは、24時間払戻が可能です。(毎週火・水 深夜2:30~5:30を除く)
※セブン-イレブンでは、発券した翌日10:00AM以降、24時間払戻が可能です。
(発券いただいた当日には、払い戻しの受付はできませんのでご注意下さい)
※チケットぴあ店舗の営業時間は店舗により異なります。
※ご来店の都合がつかない場合は、チケットぴあメールセンターへ期限内に「簡易書留」「宅配便」「特定記録郵便」でご返送いただければ対応致します。
詳しくは下記【チケットを配送で受け取られたお客様】をご参照下さい。

【チケットをまだ発券されていないお客様】
払い戻しが決定した公演については、Cloakのアイテム一覧に「払戻」が表示されますので、詳細をご確認の上、以下の手順にて払い戻し手続きを行って下さい。
詳しい手順については、http://t.pia.jp/guide/refund03.jspにてご確認下さい。
※払い戻しを受ける口座の登録が必要です。
※お手続きから約3週間でご指定の口座へお振り込みを致します。
※振込完了のメールは配信されません。
※ご指定の口座にご入金できなかった場合、「ご登録口座の誤りによる入金失敗のお知らせ」のメールが配信されますので、こちらのメールが届いた場合は再度口座をご登録いただきますようお願い致します。

【チケットを配送で受け取られたお客様】
期限内必着で、下に記載したチケットぴあメールセンターへ、「簡易書留」「宅配便」「特定記録郵便」にてご返送下さい。
その際、以下をご同封下さい。
・チケット本体
・下記内容を記載したメモ
  1:ご返金先の住所
  2:お名前
  3:連絡可能な電話番号
  4:返送チケットの単価
  5:返送チケットの枚数
払い戻し期間終了後、3~4週間程度で「郵便振替払出証書」にてご返金致します。
<ご返送先>〒150-0011東京都渋谷区東1-2-20 渋谷ファーストタワー
ぴあ株式会社 チケットぴあメールセンター
『JUNG YONG HWA : FILM CONCERT 2015-2018 “Feel the Voice”』宛
【詳細】http://t.pia.jp/guide/refund.html
【お問合わせ】チケットぴあインフォメーション 0570-02-9111(オペレーター対応:10:00~18:00)

トピックス

2019年06月25日
6月24日(月)14時開演の『JUNG YONG HWA : FILM CONCERT 2015-2018 “Feel the Voice”』 TOHOシネマズ 甲府 にご来場の皆様へ
2019年06月21日
映画館でのチケット販売について
2019年04月19日
上映劇場決定、来場者プレゼント画像公開!

開催情報

JUNG YONG HWA : FILM CONCERT 2015-2018 “Feel the Voice”

2019年6月22日 (土) 18:00開演 終了しました
2019年6月23日 (日) 11:00開演 終了しました
2019年6月24日 (月) 14:00開演 終了しました
2019年6月24日 (月) 19:00開演 終了しました

会場:全国各地の映画館
2019年|カラー|STEREO|16:9|配信|140分

※開場時間は映画館によって異なります。
※大阪府では条例により16歳未満の方で保護者同伴でない場合、終映が19:00を過ぎる上映会はご入場いただけません。予めご了承ください。

【ファンクラブ先行】¥3,500(全席指定/税込)
【一般発売・映画館販売】¥3,800(全席指定/税込)

※3歳以上有料/3歳未満で座席が必要な場合は有料となります。

★ファンクラブ購入者限定特典:
ジョン・ヨンファ生写真(全4種のうち1枚)
4分の1の確率で特大2L判サイズ(デザイン1種)が出て来ます!
FC限定

※プリントサイン入り(ソロ写真のみ)サイズ:L判、2L判
ファミリーマートのマルチコピー機で6月20日(木)頃よりランダム出力
※チケットぴあからのご案内メールをお待ち下さい。

★来場者全員プレゼント:
スタッフパス型オリジナルステッカー
(全3種)

全員プレ

※素材:サテン生地/サイズ:105x74mm
※来場者特典は上映当日、チケットに記載されている
映画館のみでのお渡しとなります。

CNBLUE Official Website https://cnblue-official.jp/

制作:FNC ENTERTAINMENT JAPAN
協力:Warner Music Japan
配給:ライブ・ビューイング・ジャパン
©2019 FNC ENTERTAINMENT JAPAN

会場リスト

都道府県市区町村会場名劇場電話番号6/22(土)
18時
6/23(日)
11時
6/24(月)
14時
6/24(月)
19時
北海道札幌市 ユナイテッド・シネマ札幌 0570-78-3011
青森県青森市 青森コロナシネマワールド 017-783-5081 - - -
弘前市 イオンシネマ 弘前 0172-26-1113 - - -
岩手県盛岡市 フォーラム盛岡 019-622-4770 - - -
北上市 イオンシネマ 北上 0197-64-2525 - - -
宮城県仙台市 MOVIX仙台 050-6865-6205
秋田県秋田市 TOHOシネマズ 秋田 050-6868-5017 - -
山形県山形市 フォーラム山形 023-632-3220 - -
福島県福島市 フォーラム福島 024-533-1717 - -
東京都千代田区 TOHOシネマズ 日比谷 050-6868-5068
葛飾区 MOVIX亀有 050-6861-0135 - - -
港区 T・ジョイ PRINCE 品川 03-5421-1113 -
新宿区 新宿バルト9 03-5369-4955 -
TOHOシネマズ 新宿 050-6868-5063
板橋区 イオンシネマ 板橋 03-3937-1551 - -
世田谷区 109シネマズ二子玉川 0570-077-109 - -
府中市 TOHOシネマズ 府中 050-6868-5032 - -
八王子市 TOHOシネマズ 南大沢 050-6868-5016 - -
神奈川県横浜市 横浜ブルク13 045-222-6222
藤沢市 109シネマズ湘南 0570-016-109 - -
千葉県千葉市 シネプレックス幕張 0570-783-231
埼玉県さいたま市 MOVIXさいたま 050-6865-4351 - - -
ユナイテッド・シネマ浦和 0570-783-856 - -
イオンシネマ 浦和美園 048-812-2055 - - -
茨城県水戸市 ユナイテッド・シネマ水戸 0570-783-396 - -
ひたちなか市 TOHOシネマズ ひたちなか 050-6868-5036 - -
栃木県宇都宮市 TOHOシネマズ 宇都宮 050-6868-5028 - -
群馬県高崎市 イオンシネマ 高崎 027-310-9702 - -
新潟県新潟市 ユナイテッド・シネマ新潟 0570-783-401
長野県長野市 長野グランドシネマズ 026-233-3415 - - -
松本市 イオンシネマ 松本 0263-37-5041 - - -
山梨県中巨摩郡 TOHOシネマズ 甲府 050-6868-5054 - -
静岡県静岡市 MOVIX清水 050-6861-0045 - -
浜松市 TOHOシネマズ 浜松 050-6868-5011 - -
愛知県安城市 安城コロナシネマワールド 0566-74-9311
名古屋市 TOHOシネマズ 名古屋ベイシティ 050-6868-5005 - -
ミッドランドスクエア シネマ 052-527-8808 - -
岐阜県各務原市 イオンシネマ 各務原 058-380-7077 - -
三重県四日市市 109シネマズ四日市 0570-051-109 - - -
富山県富山市 TOHOシネマズ ファボーレ富山 050-6868-5009 - -
石川県金沢市 金沢コロナシネマワールド 076-266-5757 -
福井県福井市 福井コロナシネマワールド 0776-52-5675 - -
大阪府大阪市 大阪ステーションシティシネマ 06-6346-3215 - -
TOHOシネマズ 梅田 050-6868-5022 - -
なんばパークスシネマ 050-6864-7125
京都府京都市 MOVIX京都 050-6865-3125
兵庫県神戸市 OSシネマズミント神戸 078-291-5330
西宮市 TOHOシネマズ 西宮OS 050-6868-5051 - -
滋賀県大津市 ユナイテッド・シネマ大津 0570-783-014 - -
奈良県橿原市 TOHOシネマズ 橿原 050-6868-5031 - -
和歌山県和歌山市 イオンシネマ 和歌山 073-456-5055 - -
岡山県岡山市 イオンシネマ 岡山 086-235-0139 - -
倉敷市 MOVIX倉敷 050-6864-7076 - - -
広島県広島市 109シネマズ広島 0570-002-109 - - -
イオンシネマ 広島 082-261-1310 - - -
鳥取県西伯郡 MOVIX日吉津 050-6861-9015 - -
島根県出雲市 T・ジョイ出雲 0853-24-6000 - - -
山口県防府市 イオンシネマ 防府 0835-22-9066 - -
徳島県徳島市 ufotableCINEMA 088-678-9113 - - -
香川県綾歌郡 イオンシネマ 宇多津 0877-49-8450 - -
愛媛県新居浜市 TOHOシネマズ 新居浜 050-6868-5019 - -
高知県高知市 TOHOシネマズ 高知 050-6868-5029 - -
福岡県福岡市 T・ジョイ博多 092-413-5333 - -
福岡中洲大洋映画劇場 092-291-4058 - -
北九州市 シネプレックス小倉 0570-783-460
佐賀県佐賀市 109シネマズ佐賀 0570-022-109 - - -
長崎県長崎市 TOHOシネマズ 長崎 050-6868-5050 - -
熊本県熊本市 ユナイテッド・シネマ熊本 0570-783-087
大分県大分市 TOHOシネマズ 大分わさだ 050-6868-5008 -
宮崎県宮崎市 セントラルシネマ宮崎 0985-23-2336 - - -
鹿児島県鹿児島市 TOHOシネマズ 与次郎 050-6868-5044 - -
沖縄県中頭郡 ミハマ7プレックス 098-936-7600 - - -

チケット

チケットのご購入・お申込み

【映画館販売】
2019年6月22日 (土) ~ 各上映日まで

映画館でのチケット販売は、残席のある場合に限り、各映画館のオンライン、またはチケットカウンターにて6月22日 (土) より先着順にて販売となります。販売方法、販売開始時刻は映画館によって異なりますので、ご参加予定の映画館にご確認ください。

【ファンクラブ先行(抽選)】
2019年4月20日(土)12:00 ~ 2019年5月8日(水)23:59 ※終了しました

▶公式ファンクラブ BOICE JAPAN

▶CNBLUE★mobile

※お一人様1上映回につき4枚まで購入可能です。
※異なる上映回への複数回のお申込みは可能です。

【プレリザーブ(抽選)】
2019年5月21日(火)12:00 ~ 2019年5月26日(日)23:59 ※終了しました

【一般発売(先着)】
2019年6月8日(土)15:00 ~ 2019年6月21日(金)12:00 ※終了しました

2019年6月8日(土)15:00 ~ 2019年6月21日(金)10:00 ※終了しました

※先着順での受付となりますので、予定枚数に達し次第受付終了となります。
※お一人様1上映回につき4枚まで購入可能です。
※異なる上映回への複数回のお申込みは可能です。

■プレイガイドチケットに関するお問い合わせ

◎チケットぴあインフォメーション 0570-02-9111 (10:00~18:00オペレーター対応)
◎イープラス:0570-07-5050 (10:00~18:00 オペレーター対応)

※チケットぴあは毎週(火)・(水)2:30~5:30はシステムメンテナンスのため受付休止。
※イープラスはシステムメンテナンスのため、毎月第1・第3木曜日午前1:25~午前8:00はお申込み・お支払い・お受取り手続きができません。
※0570で始まる電話番号は一部の携帯電話・PHS・IP電話・CATV接続電話からはご利用できません。
ご契約業者に接続可能かご確認ください。

※購入方法の詳細、会員登録の方法、当選メール紛失、発券方法に関してなど、チケットに関するお問い合わせは、
チケットぴあ ヘルプページ,イープラスの よくある質問(Q&A)
をご確認の上、解決しない場合はお手数をおかけいたしますが上記プレイガイドのお問い合わせ番号へご連絡ください。

【注意事項】
※チケットご購入後お客様のご都合による変更及び払い戻しは、いかなる場合におきましても行っておりません。予めご了承の上お申込みください。
※チケットはいかなる場合(紛失・盗難・破損等)でも再発行いたしません。予めご了承ください。
※営利を目的としたチケットの購入、譲渡・転売行為(ネットオークション・チケット売買サイト・金券ショップ等)は、いかなる場合も固くお断りしております。 ※プレゼントは非売品です。転売はご遠慮ください。
※ライブ会場と同様に、歌唱可、声援可、ライブグッズ(ペンライトなど)の持ち込み可能の上映会になります。
※火器類の持ち込み、クラッカー・笛などの鳴り物の使用、飛ぶ・跳ねる・暴れる・物を叩くなどの周りの方のご迷惑になる行為は固くお断りいたします。余りに過剰に行われた場合は上映中止になる場合もございます。
※暴言や過度な歌唱・声援・絶叫などはご遠慮いただき、周りのお客様へ十分にご配慮ください。
※前の席の座席を蹴ったり、ご自分の座席の範囲をはみ出したり、周囲の方の視界を遮るような行動など、ご迷惑をかける行為はご遠慮ください。
※周囲の方にご配慮いただき、ご鑑賞される皆様全員にお楽しみいただけますようご協力の程、よろしくお願いいたします。
※通常の公演と同様に、お客様に楽しんでいただく上映です。場合によっては、拍手や声援などが起こる場合もございますので、ご理解の上、ご購入ください。 (ただし危険行為は禁止しております。)
※3歳以上有料/3歳未満で座席が必要な場合は有料となります。
※劇場内は、カメラや携帯などのいかなる機材においても録音/録画/撮影/配信を禁止しております。このような行為が行われた場合は、記録された内容を削除の上ご退場いただきますので、予めご了承ください。
※配信中継イベントの為、映像・音声の乱れが生じる場合がございます。予めご了承ください。
※上映会場に、取材目的の撮影が入る場合がございます。予めご了承の上、ご購入ください。

【プレイガイドチケットお申込み時ご注意】
※イープラスはシステムメンテナンスのため、毎月第1・第3木曜日午前1:25~午前8:00はお申込み・お支払い・お受取り手続きができません。
※チケットぴあは、毎週(火)・(水)2:30~5:30はシステムメンテナンスのため受付休止です。
これ以外に臨時メンテナンスが行われる場合もございます。詳細はプレイガイドのサイトでご覧ください
※上記チケット代以外に手数料がかかります。
※インターネットでのお申込みには、事前にプレイガイドでの会員登録(無料)が必要になります。

グッズ

【上映記念公式グッズは こちらまで】

 

概要

韓国ロックバンドCNBLUEメインボーカル、ジョン・ヨンファの
ソロアーティストとして最高のパフォーマンスを再構成したプレミアム・ライブ上映、
CNBLUE版に続く 第2弾、ついに解禁!!!

 ジョン・ヨンファは、2009年6月韓国ロックバンドCNBLUEとして半年間「音楽武者修行」のために来日。ライブハウスやストリートライブでの公演を重ね、2009年8月にインディーズデビュー。日本での人気・実力を兼ね備えたロックバンドとして確固たる地位を築いてきました。2015年よりソロアーティストとしてもデビューを果たし、日韓でアルバム4枚、コンサートも韓国含むアジアにて計12公演、日本でも計17公演を開催し、バンドとは異なるソロアーティストとしての才能を開花させ、多くのファンを魅了し続けています。一方、日本でも大ブレイクした韓国ドラマ「美男<イケメン>ですね」に出演したことをきっかけに俳優としても一気にスターダムへ登りつめ、以降「オレのこと好きでしょ。」「三銃士」など数多くのドラマに主演として参加し、多くのファンから支持されています。

 2018年3月には兵役入隊し、2019年秋より除隊を予定している彼の復活を心待ちにしているファンのため、第1弾『CNBLUE:FILM LIVE IN JAPAN2011-2017-OUR VOICES-』に続き、ジョン・ヨンファの誕生日である6月22日(土)からの3日間、全国一斉でのプレミアム・ライブ上映を行う運びとなりました。
 本作は2015年に韓国ソロデビュー後初のコンサート「1st CONCERT “ONE FINE DAY”」ソウル公演にはじまり、日本での「1st CONCERT in JAPAN “One Fine Day”」、「2017FNC KINGDOM IN JAPAN」にてドラマ「美男<イケメン>ですね」の名曲をFTISLANDのイ・ホンギと共演した奇跡のステージ、さらに2017年に開催した2度目の単独ツアーに加え、入隊直前にソウルにて開催した「ROOM622」と「STAY622」のライブ映像、さらには今回映像初公開となる2017年12月に日本で開催した「Summer Calling @Xmas」まで、これまで辿ってきたソロアーティストとしての軌跡となるコンサート映像の中から選りすぐりのセットリストで再構成し、“ジョン・ヨンファ”としての魅力を存分に楽しんでいただける珠玉のスーパーライブ映像です。映画館の迫力ある映像と音響で、コンサート会場の最前列で見ているかのライブさながらの高臨場感を体感できる絶好のチャンスです。実際のライブ会場のように歌唱可、声援可、ライブグッズ(ペンライト)の持ち込みもOKですので、是非この機会に映画館で盛り上がりましょう!

 5月の『CNBLUE:FILM LIVE IN JAPAN 2011-2017 “OUR VOICES”』の上映に引き続き、6月22日(土)から24日(月)の3日間、日本全国47都道府県の映画館での『JUNG YONG HWA : FILM CONCERT 2015-2018 “Feel the Voice”』の上映が決まった。初日となる6月22日は、ヨンファの30歳の誕生日だ。入隊前最後のライブタイトルにも『622』と掲げたように、彼にとっても特別な日に公開されることとなる。

 『CNBLUE~“OUR VOICES”』同様、本作もヨンファの過去のソロコンサート映像を1本のコンサートのように再構築したものだ。CNBLUEではギターを核に“LIVE感”を重視したバンドオリエンテッドな曲で魅せるが、ソロ・アーティスト ジョン・ヨンファの音楽は、バンドやロックに縛られない。時にラップやレゲエといったトレンドを取り入れ、時にジャズアレンジやJ-POPのカヴァーなど彼の趣味が反映され、実に多彩な音楽を聴かせる。特にソロコンサートではギターも持たずに、ボーカリスト…いや、ダンスまで見せるエンターテイナーであることに注力している。ここがCNBLUEでのライブと、ソロでのコンサートとの大きな違いだろう。

 彼のエンターテイナーぶりが特に発揮されているのが、『2017FNC KINGDOM IN JAPAN』での『美男<イケメン>ですね』の作中バンドA.N.JELLのジェルミ(FTISLANDのイ・ホンギ)とシヌ(ヨンファ)の復活劇だろう。ホンギにとってもヨンファにとっても、人気の原点ともいえる作品だが、2人が揃ってA.N.JELLの曲を歌うのはドラマ撮影以来、約8年ぶりであったが、FNCの2トップに成長した彼らの息のあったステージと笑いに満ちたトークは、本作の良いアクセントになっている。

 レア映像といえるのは、DVD化されていない日本での入隊前最後のソロライブ『JUNG YONG HWA JAPAN CONCERT 2017“Summer Calling”@Xmas』だろう。きっと、皆さんが見たかったあの曲の、あの可愛いヨンファの姿が見られるはずだ。

 そして同じくDVD化されていない入隊前最後のライブとなった『STAY622』で、髪を短くしたばかりのヨンファの映像が見られるのも貴重だ。ジョン・ヨンファは入隊2日前まで、ファンと過ごせるライブを行った。そのライブで彼は、「僕はいつも皆さんのそばにいます。僕がいないときでも僕の音楽を聴いたら、僕がそばにいると感じられるでしょう? だから軍隊に行っている間にも、たくさんのプレゼントを用意しておきました。近くにはいられませんが、僕がいない間にそれらを受け取ってください」と言ったが、ご存知の通り、入隊中の今も書き下ろしの新作5曲を連続配信するプロジェクト『FEEL THE FIVE “Y”』が進行中。そしてまた、このコンサートフィルムも、彼からのプレゼントという訳だ。

 入隊前最後の日本でのライブで彼は「僕はずっと、“東京ドームが夢”と言ってきました。“無理だ”と思ったときもあります。でも、20歳で日本に来てストリートライブをしていたころ、こんなに大きな場所でライブができるなんて想像できなかった。だから、あきらめません。皆さんと一緒に、最高の20代を過ごすことができました。これからも僕はずっと皆さんのそばにいます。皆さんはずっと僕のそばにいてください。目標まで一緒に、そして次の目標まで、ずっと一緒に!」というメッセージを残してくれた。

 11月3日には、ヨンファが私たちの前に帰って来る。彼はきっとまた、すぐに私たちのそばでその歌声を聴かせてくれるだろう。そう、彼は絶対に夢をあきらめないから。きっと、「Top Of The World」になるその日まで。

文/坂本ゆかり

PAGE TOP