好評につき、6/28にアンコール上映 開催決定!

予想を上回る反響に応え、追加上映が決定!
さらに来場者全員プレゼントの「スタッフパス型オリジナルステッカー」6.28ver.と、ファンクラブ購入者限定特典「プリントサイン入り写真」に新たに集合写真2種を追加。
お目当ての写真をゲットできる最後のチャンスです。 詳しくは開催情報チケットをご覧ください。

トピックス

2019年05月13日
CNBLUE:FILM LIVE IN JAPAN 2011-2017 “OUR VOICES” アンコール上映 開催決定!
2019年05月10日
映画館でのチケット販売について
2019年03月14日
CNBLUE:FILM LIVE IN JAPAN 2011-2017 “OUR VOICES” 開催決定!

開催情報

CNBLUE:FILM LIVE IN JAPAN 2011-2017 “OUR VOICES” アンコール上映

2019年6月28日 (金) 19:00開演

会場:全国各地の映画館
2019年|カラー|STEREO|16:9|配信|165分

※開場時間は映画館によって異なります。
※大阪府では条例により16歳未満の方で保護者同伴でない場合、終映が19:00を過ぎるためご入場いただけません。予めご了承ください。

料金:
【ファンクラブ先行】¥3,500(全席指定/税込)
【一般発売・映画館販売】¥3,800(全席指定/税込)

※3歳以上有料/3歳未満で座席が必要な場合は有料となります。

★ファンクラブ購入者限定特典:
集合写真(3種)、各メンバーソロ写真(4種)
FC限定

※プリントサイン入り(ソロ写真のみ)サイズ:L判/セブン-イレブンのマルチコピー機でランダム出力
※沖縄のみ郵送となります。
※チケット1枚につき1種1枚となります。

 ★来場者全員プレゼント:
スタッフパス型オリジナルステッカー
(上映日記載) 

 全員プレ

※素材:サテン生地/サイズ:105x74mm
※来場者特典は上映当日、チケットに記載されている映画館のみでのお渡しとなります。

CNBLUE:FILM LIVE IN JAPAN 2011-2017 “OUR VOICES”

2019年5月11日 (土) 18:00開演 ※終了しました
2019年5月12日 (日) 11:00開演 ※終了しました
2019年5月15日 (水) 14:00開演 ※終了しました
2019年5月15日 (水) 19:00開演 ※終了しました

会場:全国各地の映画館
2019年|カラー|STEREO|16:9|配信|165分

※開場時間は映画館によって異なります。
※大阪府では条例により16歳未満の方で保護者同伴でない場合、終映が19:00を過ぎる上映会はご入場いただけません。予めご了承ください。

料金:
【ファンクラブ先行】¥3,500(全席指定/税込)
【一般発売・映画館販売】¥3,800(全席指定/税込)

※3歳以上有料/3歳未満で座席が必要な場合は有料となります。

★ファンクラブ購入者限定特典:
集合写真(1種)、各メンバーソロ写真(4種)

セブン-イレブンのマルチコピー機で5/10(金)18時よりランダム出力

FC限定

※プリントサイン入り(ソロ写真のみ)サイズ:L判
※沖縄のみ郵送となります。
※チケット1枚につき1種1枚となります。
詳細はチケットぴあからのメールをご確認ください。

 ★来場者全員プレゼント:
スタッフパス型オリジナルステッカー
(上映日記載) 

 全員プレ

※素材:サテン生地/サイズ:105x74mm
※来場者特典は上映当日、チケットに記載されている映画館のみでのお渡しとなります。

CNBLUE Official Website https://cnblue-official.jp/

出演:CNBLUE(ジョン・ヨンファ、イ・ジョンヒョン、カン・ミンヒョク、イ・ジョンシン)
制作:FNC ENTERTAINMENT JAPAN
協力:Warner Music Japan
配給:ライブ・ビューイング・ジャパン
©2019 FNC ENTERTAINMENT JAPAN / Warner Music Japan

会場リスト

チケット

チケットのご購入・お申込み

■ CNBLUE:FILM LIVE IN JAPAN 2011-2017 “OUR VOICES” アンコール上映 ■

【ファンクラブ先行(抽選)】
2019年5月14日(火)18:00 ~ 5月19日(日)23:59 ※終了しました


【プレリザーブ(抽選)】
2019年5月28日(火)12:00 ~ 6月3日(月)23:59

※お一人様1上映回につき4枚まで購入可能です。
※ファンクラブ先行で完売した劇場の受付はございません。


【一般発売(先着)】
【チケットぴあ】2019年6月15日(土)15:00 ~ 6月27日(木)12:00

または
▶セブン-イレブン店内の端末「マルチコピー機」
▶チケットぴあの店舗にて販売


【イープラス】2019年6月15日(土)15:00 ~ 6月27日(木)10:00

または
▶全国のファミリーマート店内の端末「Famiポート」にて販売

※先着順での受付となりますので、予定枚数に達し次第受付終了となります。
※お一人様1上映回につき4枚まで購入可能です。
※プレリザーブで受付のない劇場も、座席の最終調整により販売する場合がございます。

■ CNBLUE:FILM LIVE IN JAPAN 2011-2017 “OUR VOICES” ■

【映画館販売】
2019年5月11日 (土) ~ 2019年5月15日 (水)

映画館でのチケット販売は、残席のある場合に限り、各映画館のオンライン、またはチケットカウンターにて5月11日 (土) より先着順にて販売となります。販売方法、販売開始時刻は映画館によって異なりますので、ご参加予定の映画館にご確認ください。


【ファンクラブ先行(抽選)】
2019年3月27日(水)12:00 ~ 2019年4月2日(火)23:59 ※終了しました


【プレリザーブ(抽選)】
2019年4月8日(月)12:00 ~ 2019年4月14日(日)23:59 ※終了しました


【一般発売(先着)】
【チケットぴあ】2019年4月27日(土)15:00 ~ 2019年5月10日(金)12:00 ※終了しました

※先着順での受付となりますので、予定枚数に達し次第受付終了となります。
※お一人様1上映回につき4枚まで購入可能です。
※異なる上映回への複数回のお申込みは可能です。
※プレリザーブで受付のない劇場も、座席の最終調整により販売する場合がございます。

■プレイガイドチケットに関するお問い合わせ

◎チケットぴあインフォメーション 0570-02-9111 (10:00~18:00オペレーター対応)
◎イープラス:0570-07-5050 (10:00~18:00 オペレーター対応)

※チケットぴあは毎週(火)・(水)2:30~5:30はシステムメンテナンスのため受付休止。
※イープラスはシステムメンテナンスのため、毎月第1・第3木曜日午前1:25~午前8:00、GW期間中の2019年5月2日(木)AM2:00~AM8:00はお申込み・お支払い・お受取り手続きができません。

※0570で始まる電話番号は一部の携帯電話・PHS・IP電話・CATV接続電話からはご利用できません。
ご契約業者に接続可能かご確認ください。

※購入方法の詳細、会員登録の方法、当選メール紛失、発券方法に関してなど、チケットに関するお問い合わせは、
チケットぴあ ヘルプページ,イープラスの よくある質問(Q&A)
をご確認の上、解決しない場合はお手数をおかけいたしますが上記プレイガイドのお問い合わせ番号へご連絡ください。

【注意事項】
※※チケットご購入後お客様のご都合による変更及び払い戻しは、いかなる場合におきましても行っておりません。予めご了承の上お申込みください。
※チケットはいかなる場合(紛失・盗難・破損等)でも再発行いたしません。予めご了承ください。
※営利を目的としたチケットの購入、譲渡・転売行為(ネットオークション・チケット売買サイト・金券ショップ等)は、いかなる場合も固くお断りしております。
※プレゼントは非売品です。転売はご遠慮ください。
※ライブ会場と同様に、歌唱可、声援可、ライブグッズ(ペンライトなど)の持ち込み可能の上映会になります。
※火器類の持ち込み、クラッカー・笛などの鳴り物の使用、飛ぶ・跳ねる・暴れる・物を叩くなどの周りの方のご迷惑になる行為は固くお断りいたします。
余りに過剰に行われた場合は上映中止になる場合もございます。
※暴言や過度な歌唱・声援・絶叫などはご遠慮いただき、周りのお客様へ十分にご配慮ください。
※前の席の座席を蹴ったり、ご自分の座席の範囲をはみ出したり、周囲の方の視界を遮るような行動など、ご迷惑をかける行為はご遠慮ください。
※周囲の方にご配慮いただき、ご鑑賞される皆様全員にお楽しみいただけますようご協力の程、よろしくお願いいたします。
※通常の公演と同様に、お客様に楽しんでいただく上映です。
場合によっては、拍手や声援などが起こる場合もございますので、ご理解の上、ご購入ください。(ただし危険行為は禁止しております。)
※3歳以上有料/3歳未満で座席が必要な場合は有料となります。
※劇場内は、カメラや携帯などのいかなる機材においても録音/録画/撮影/配信を禁止しております。このような行為が行われた場合は、記録された内容を削除の上ご退場いただきますので、予めご了承ください。
※配信中継イベントの為、映像・音声の乱れが生じる場合がございます。予めご了承ください。
※上映会場に、取材目的の撮影が入る場合がございます。予めご了承の上、ご購入ください 。

【プレイガイドチケットお申込み時ご注意】
※イープラスはシステムメンテナンスのため、毎月第1・第3木曜日午前1:25~午前8:00はお申込み・お支払い・お受取り手続きができません。
※チケットぴあは、毎週(火)・(水)2:30~5:30はシステムメンテナンスのため受付休止です。
これ以外に臨時メンテナンスが行われる場合もございます。詳細はプレイガイドのサイトでご覧ください
※上記チケット代以外に手数料がかかります。
※インターネットでのお申込みには、事前にプレイガイドでの会員登録(無料)が必要になります。

グッズ

【上映記念公式グッズは こちらまで】

概要

韓国ロックバンドCNBLUEのライブの魅力を
すべて凝縮した珠玉のスーパーライブ映像、
3日間限定、全国一斉公開!!

ジョン・ヨンファ(メインボーカル・ギター)をリーダーに、イ・ジョンヒョン(ギター・ボーカル)、カン・ミンヒョク(ドラム)、イ・ジョンシン(ベース)の4人で構成された韓国出身の4人組バンド「CNBLUE(シーエヌブルー)」。
現在に到るまで毎年日本オリジナルアルバムのリリースならびに全国アリーナツアーを開催し、日本での人気・実力を兼ね備えたロックバンドとして確固たる地位を築いてきました。
2018年3月、メインボーカル・ギターのジョン・ヨンファの兵役入隊を皮切りに、メンバー全員が入隊中ではありますが、2019年秋より除隊を始めるメンバーたちの復活を心待ちにしているファンのため、今まで一度も訪れたことのないエリアの方々にも楽しんでいただきたいとの想いから、全国一斉でのプレミアム・ライブ上映が決定!

本作は2011年 日本メジャーデビュー後に初めて開催したアリーナツアー「CNBLUE Winter Tour 2011 〜Here, In my head〜」代々木第一体育館公演から2017年11月に開催した兵役前最後のアリーナツアー「CNBLUE 2017 ARENA LIVE TOUR “Starting Over”」まで、CNBLUE名義で毎年開催されてきたアリーナライブ全11ツアー69公演の中から、彼らの定番曲、韓国曲、そしてライブの合間で繰り広げられるメンバー間のトークなど、選りすぐりのセットリストで再構成し、デビュー時から兵役直前までの成長はもちろん、彼らのライブパフォーマンスのクオリティの高さを満喫できる珠玉のスーパーライブ映像になっています。
実際のライブ会場のように歌唱可、声援可、ライブグッズ(ペンライト)の持ち込みもOKです。
CNBLUEのメンバー4人が戻ってくる日を待ちながら、彼らの姿を映画館の迫力ある映像と音響で楽しみましょう!

CNBLUEの入隊前最後のライブとなったのは、2017年12月17日の『2017 FNC KINGDOM IN JAPAN -MIDNIGHT CIRCUS-』。
ツアーとしてはその直前の『CNBLUE 2017 ARENA TOUR ~Starting Over~』最終日、12月1日の横浜アリーナ公演。つまり、ライブが見られなくなってもう、1年半ほどの月日が過ぎたことになる。2018年8月にベストアルバム『Best of CNBLUE / OUR BOOK [2011~2018]』がリリースされたが、CNBLUEの神髄はやはり、ライブだ。そんな“CNBLUEライブ・ロス”に陥っているファンのために、5月11日(土)、5月12日(日)、5月15日(水)の3日間限定ではあるが、全国47都道府県の映画館で『CNBLUE:FILM LIVE IN JAPAN 2011-2017 “OUR VOICES”』の上映が決定した。

もちろん映像作品ということであれば、メジャーデビュー後のツアーのほぼすべてがDVD化されているのだが、この『CNBLUE:FILM LIVE IN JAPAN 2011-2017 “OUR VOICES”』はタイトルからもわかるように、2011年の『Winter Tour2011 Here, In my head』から2017年の『Starting Over』までの全ツアー...、つまりCNBLUEの日本メジャーデビューからの7年間のライブの歴史が、1本のライブのように見られる“映像のベスト盤”ともいえる作品になっている。
「このころはまだ、ジョンシンがロン毛だったな」とか、「このツアーからジョンヒョンのギターがグリーンに変わったな」とか、「ヨンファの誕生日、感動的だったな」とか、「ミンヒョクのディスコビート、最高!」って思ってみたり、「このツアーはセンターステージだったな」とか、「このツアーからサウンドが変わってきたな」といったメンバーやバンドの変遷はもちろん、「このライブのころ、私はこんなことをしていたっけ」といった自分自身のことまでが、当時の映像を見るとよみがえってくるだろう。

何よりうれしいのは、映画館という大画面と最高のサウンドシステムで彼らのライブが見られるということだけでなく、歌唱可、声援可、ライブグッズ(ペンライト)の持ち込み可ということで、実際のライブに参加している臨場感を味わうことができることだ。
「Foxy」で思いっきり“フー!”って叫んで、「I’m Sorry」で思いっきり“ミッチョソ!”って叫んで、「Can't Stop」で思いっきり“Love,Love”って叫んで、「SHAKE」で思いっきり踊って、この1年半の“CNBLUEライブ・ロス”を存分に解消してほしい。
入隊前の最後のツアーの最終公演でヨンファは、「僕たちはずっと皆さんと本を作ってきました。それは、ライブを1本やるごとに1ページが増える本。今日がツアー最終日だけど、最後のページじゃありません。CNBLUEのライブはずっと続くから、僕たちの本に最後のページはありません。ずっとずっと、熱いライブを作ります。ずっとずっと、ライブで会いましょう」と言った。
インタビューでも、「ライブは常に、最新のものが一番良いデキです。今がベストになるように毎日試行錯誤してライブをしているんです。もちろん、今日よりも明日のライブの方が良いデキになると信じています」とライブへの想いを語ってくれたが、CNBLUEは常に前を向いている。だから、彼らの本のページには「End.」が打たれることなく、その物語は永遠に書き続けられるのだ。

先陣を切ってジョン・ヨンファが入隊してから、1年が過ぎた。そのヨンファも11月には除隊する。そして翌春には、ほかのメンバーたちもそれに続くことになる。新しいページには、いつ、どんな言葉がつづられるのだろう? でもその前にこの作品で、彼らのこれまでの物語を読み返してみませんか?

文/坂本ゆかり

PAGE TOP